漫画描き・梅田阿比のお知らせブログ イラスト

あびしにあん

~Abyssinian~

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」閉幕

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」19日に公演終了を迎えました。

正直なところ…寂しいです。原作サイドは舞台ロスに陥っております。
原稿中で観にいけないときも公演時間が始まるとそわそわして
あの名作オープニングを頭の中で再生していましたので…。

でも、よいお知らせが…!
当初DVD化のない企画だったそうなのですが、お客様などの熱い要望により、
舞台「クジ砂」DVD化決定だそうです!
すごい、かっこいい!こういうのが大好きです。

思えば原作も1巻発売時はどマイナーでしたが、関係者の方々や書店さんの努力、
読者さんの口コミなどでじわじわ話題になり、舞台化していただけるような作品に
なりました。ちょっとリンクしていますね。

それでも他の2・5次元の舞台化作に比べて原作がマイナーなので、原作の知名度の
せいで、舞台の方々の努力がたくさんのお客さまに届かなかったらどうしよう、と実は不安に
思っていました。あまり言わないようにしていたのですが…。
でも、結果的には舞台サイドの本気が、マイナーのハンデを乗り越えるかたちに…
原作も「弱者の本気の戦い」のお話なので、こういう展開が大好きです!


舞台を一緒に観た方のお話を聞くと、皆さんが大絶賛です。
私も大好きです!質も気持ちもぎゅっと詰まった舞台作品。
人の本気が何かを動かすことができると思える作品です。
そして、実際そうなりました…!

打ち上げの最後に主演の赤澤さんに握手していただいたのですが、
おめめが本当にうるうるのきらきらで、こういうおめめは作り物の世界に
しかないと思っていたので、本当にあるんだって思いました。
今回の舞台や舞台関係者の皆さんのすべてを象徴する、きらきらおめめでした。
漫画のチャクロもきっとこんなチャクロにしますね。

舞台は一生忘れませんが、一生会えないのも寂しい…(DVDはありますよ~)
また舞台「クジ砂」に出会えるように、努力を続けます。


舞台キャストの皆さん、スタッフや関係者の皆さん、たくさんのお客さま、
幸せな世界をいただき、本当にありがとうございました!
またいつか砂の海で…!


(時間はかかるかもですが、舞台レポ漫画、クジラ公式ツイッターでちょこと
やりたいです~ そっちはおふざけもしちゃうかも…?)

IMG_0619.jpg
千秋楽の同行者さんにいただきました(´ω`人)アリガトデス


追記:…当たり前すぎて松崎さんにお礼書くの忘れました…(笑)
このカタチになったのは脚本・演出の松崎さんのお力!
素晴らしい情熱と技をありがとうございました…!


スポンサーサイト
  1. 2016年04月21日 |
  2. 未分類