漫画描き・梅田阿比のお知らせブログ イラスト

あびしにあん

~Abyssinian~

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」再演閉幕

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」全公演が終演しました。

大阪での大千秋楽は観劇させていただきました!
実家が関西なのでそのまま里帰りをしまして、のんびりして帰って来ました(現在)。
のんびりしすぎて舞台公演が夢のよう…ぼんやりしています。

東京初日と大楽を観劇したのですが、やはり勢いも完成度も増していて、
素晴らしいエンターテイメント作品になっていました。
舞台関係者の皆さんの努力の賜物、ずっと忘れないでいようと思います。

観劇前には楽屋に寄せてもらったのですが、役者さんの他にもいろいろなスタッフさんが
プロのお仕事をされていて、その現場も垣間見ることができました。
素敵な小道具もガン見しました。
そして最後の円陣にも編集さんと一緒に入れてもらいました。貴重な思い出になりました。
楽屋裏レポまんがができればよかったのですが、資料写真を撮っておらず色々間違えそうなので…
私のぼんやり目カメラでは、アラフニさんの衣装の素材もコーデュロイという認識はできました(笑)

脚本・演出の松崎さんとも色々お話できました。
パンフレットコメントにも書いたのですが、舞台のメッセージやテーマが、シーンが違っていても原作と同じ、または強化されているんですよ。
さらに役者さん皆の演劇としての見せ場もしっかりあり、絶妙なバランスで成り立っている作品です。松崎さんは改めてすごい方かと…!

そして赤澤さん、前島さんはじめキャスト陣の皆さんは、どの方も魅力的で、ずっと応援したくなる人たちばかりです!
これからもたくさんの感動を生み出してくださると思います。
そしていつか…砂の海にまた…帰ってきてもらえたら…(これはただの妄想です…)
皆さんのご活躍をこれからも楽しみにしています。


初演から再演にかけて、チャクロの記録がまたたくさんの方々に届きました。
原作のキャラクターたちにとって、一番の幸せがこのことです。
あらためまして、舞台の関係者の皆さん、お客さま、素晴らしい時間をありがとうございました。
初演の時から合言葉みたいになっていますが、「また、砂の海で…!」



スポンサーサイト
  1. 2018年02月10日 |
  2. お知らせ